店長ユカリの日記

ギリシャ神話の王女

半年前、1ユーロあたり約115円だっだのは、みなさんの記憶にも新しいでしょう。

しかし今日では 1ユーロ=130円という現状です。

こちらで生活している私にとっては頭が痛いことこの上ない。

節約生活にはげまなければ!と思う最近です。

お金といえば、

昨日、街で新5ユーロ札にお目にかかったので皆さんに報告しようと思います。

ここEU諸国では

この度、201352日から5ユーロ札が新しく生まれ変わりました。

実は お恥ずかしながらここ半年ほど受験勉強でテレビもろくにみなかった私は、

外部からの情報がなく、新札導入から1か月たった昨日まで、新しい5ユーロ札導入にまったく気がつきませんでした。

そして昨日、街のマクドナルドで友達とお昼を食べたときに

初めて新5ユーロ札でおつりをもらい、大変驚いたという次第です。

まさに、びっくり仰天というやつですね。 

 あれっ?これ何かちがう! ( ̄□ ̄;)!!

 友人のスペイン人が店員さんに確認、「新しくなったのよ」の

一言に茫然としました。

見た目はまったくのおもちゃのようです、

あえて言えばゲームでつかう偽札のようです。

みなさんはどう思われますか?

現在            新札

私はてっきりマリア様かと思いましたが、

ヨーロッパの語源になったエウロパ(ギリシャ神話の王女)の

肖像画を使っているとのこと。

**ニュースより抜粋******************

新ユーロ紙幣を発表-ギリシャ神話の王女の肖像採用

 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、セキュリティ改善のため、

ギリシャ神話の絵柄を使った新しいデザインのユーロ紙幣を

発表した。

新ユーロ紙幣には、ギリシャ神話の主神ゼウスに拉致された

フェニキアの王女で、ヨーロッパ大陸の語源となった「エウロパ」

の肖像が採用された。

新紙幣は5月の5ユーロ(約500円)札を皮切りに、

数年かけて導入されることを明らかにした。中央銀行は通常、

セキュリティ改善や偽造防止のため、定期的に紙幣のデザインを刷新する。

現在のユーロ紙幣には透かし部分に建築物の絵が使われている。

建築物の代わりに人の顔を使うと、偽造が一段と難しくなるとみられている。

ドラギ総裁は、「肖像は昔から世界中で紙幣に採用されており、調査では人は顔を忘れない傾向にあることが示されている」と

指摘した上で、「ユーロの新しい顔として、エウロパより適任の人物がいるだろうか」と述べた。

ECBによると、10年前に流通が始まった現在の紙幣は、

当初は新紙幣とともに流通するが、徐々に回収され、

最終的には法定通貨ではなくなる。「これが起こる期日は

十分に余裕をもって発表される」という。ただ、旧紙幣は永久に

価値を維持し、ユーロシステムの中銀でいつでも交換できる。

***********************

   新しいユーロ札エウロパを見に、使いにきませんか?

ヨーロッパはいつも貴方を待っています。

*#:'.:*:'ユカリ *#:'.:*:'

 P.S.あんまりデザイン変わってない、変えるならもっと変えてよ!と思うのは私だけでしょうか。。。


*#:・'゚.:*♪:・'最新の日記はこちらから*#:・'゚.:*♪:・'

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

本日のご注文は2024年5月28日の通常発送となります。お急ぎの方・その他御用の方は、お問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

土・日・祝の定休日と、不定期ですがアンダルシア方面出張等のため休業する場合がございます。

店長ユカリの日記

こんにちは!
色鮮やかなアバニコを
スペインより直送しています店長のユカリです♪

あるときはスペインアンダルシアから、あるときは京都から…

些細な日常やスペイン事情、マラガでの生活等々お届けしてまいります♪気軽に覗いてくださいね\(✿'▽'✿)/

アメーバブログはこちら >>

店長日記はこちら >>

ページトップへ